美味技術学会誌 第11巻2号(通巻20号)

論 説
インディカ米は近世百姓の常食 堀尾尚志
・「美味技術学会誌」11巻1号を読んで 長岡一三
論 文
・味覚センサ分析によるトマト果実の食味評価の検討 和島孝浩・上野華子・深田正博・工藤康文・三牧奈美・中嶋名菜・北野直子・松添直隆
・果実浸漬酢の酸味抑制効果の検討 我如古菜月・石井展子・多賀友里恵・木本眞順美・辻英明・山下広美
・炊飯過程における米粒含有成分・含有量の変化 大島誉章・田村匡嗣・伊坂亜友美・小川幸春
・真空調理におけるジャガイモの物性およびビタミンCの変化 中嶋名菜・M田智恵・松添直隆・北野直子・白土英樹
総説
・米糠由来の機能性成分の開発と抽出および実用化 徳井圭裕・植向直哉・井上良計・畑中唯史・織部恵莉・川上晃司・毛利建太郎
資料
・美味しい無洗ギャバライスの誕生地を訪ねて 山下律也
シンポジウム講演
・美味しさをはかる美味技術―官能評価とおいしさについて― 三尋木健史
・海外展開に向けた日本の美味技術―農産物の輸出の現況と課題― 吉田 誠
・非常事態下の美味技術―命をつなぐ食品の条件とサプライチェーン― 秋元浩一
・高齢化社会に対応する美味技術―凍結含浸技術について― 柴田賢哉
活動報告
・日中コメ加工流通シンポジウム開催報告
・シンポジウム2012 テーマ:「時代が求める多様な美味技術」
・会員だより

page top