2012 FOOMA シンポジウム

テーマ 時代が求める多様な美味技術
日 時 2012年6月7日(木) 10:50 〜15:50
場 所 東京ビックサイト
主 催 美味技術学会
共 催 (社)日本食品機械工業会
協 賛 農業機械学会・日本食品工学会
プログラム
開催挨拶 
10:50〜11:00
美味技術学会長、(社)日本食品機械工業会
講演(1)
11:00〜11:45
「美味しさをはかる美味技術」−官能評価とおいしさについて−
  三尋木 健史〔キユーピー株式会社 研究所 基盤技術センター 食品評価チーム チームリーダー〕
おいしさをはかる方法の一つは、おいしさの基準を持った人がその基準に従ってはかること。もう一つは、ある食品を基準にしてどれくらいの人がそれをおいしいと評価するかをはかることである。その計測に用いる官能評価の手法とおいしさをはかることの難しさにについて述べる。
講演(2)
11:45〜12:30
「海外展開に向けた日本の美味技術」−農産物(加工食品)の輸出の現況と今後−
  吉田 誠〔三菱商事株式会社 国際戦略研究所 渉外企画チーム シニアアドバイザー〕
昨年の原発事故により、日本の農産物輸出は大きなダメージを受けたものの、農産物輸出への関心は依然高い。しかし、失敗や撤退の事例も多く、収益性、普及性、持続性など様々な課題を抱えたままなのが現実である。今後の農産物の輸出振興に向けた本質的な問題点を明らかにし、将来への戦略を日本農業再生という視点から語る。
12:30〜13:30 休憩
講演(3)
13:30〜14:15
「非常事態下の美味技術」−命をつなぐ食品の条件とサプライチェーン−
  秋元浩一〔名古屋学院大学 商学部 教授〕
いつ遭遇するか分からない災害に非常食の備えが重要性を増してきた。非常事態でも困らないためには地域防災拠点での備蓄だけでなく、常食的非常食の創出と普及が効果的である。すなわち、登山食、宇宙食、フルコースもある戦闘糧食等を参考に、常食と非常食の機能を併せ持ち,しかも値ごろ感のある食品を創出し一般流通にのせて普及させる。その食品に求められる条件と市場規模、さらに、非常事態下における救援物流のあり方について考える。
講演(4)
14:15〜15:00
「日本の米文化を継承する美味技術」−コシヒカリと古代米の融合−
  村田和優〔富山県農林水産総合技術センター 農業研究所  農業バイオセンター 主任研究員〕
多様化する消費者ニーズにおいて‘食と健康’に対する関心は非常に高く、健康維持・増進に貢献する機能性を備えた作物の開発が求められている。富山県ではこのニーズに加えて「くすりの富山」のブランドイメージを踏まえ、独自に‘機能性を強化した水稲新品種’の開発を進めている。ここでは、とくにコシヒカリの良食味と赤米・紫黒米等の古代米に由来する機能性を融合した新品種の開発事例とともに、それぞれの成分がもたらす機能性の効果を紹介する。
講演(5)
15:00〜15:45
「高齢化社会に対応する美味技術」−凍結含浸技術について−
  柴田賢哉〔広島県立総合技術研究所 食品工業技術センター 副主任研究員〕
高齢社会の進展により高齢者・介護用食品市場が拡大している。現在の高齢者・介護用食品は,食べやすさや安全性に配慮して刻み食や流動食あるいは成形食品が主流であり,食品に重要な「見た目」のおいしさは失われている。広島県が開発した見た目も楽しめる新しい高齢者・介護用食品の製造技術「凍結含浸技術」を紹介する。
閉会挨拶
15:45〜15:50
美味技術学会シンポジウム担当幹事
※受講料: 無料(資料集購入の場合は、1,000円必要)
※参加申込み:当日参加申込み可
  FOOMA JAPAN 2012サイトから、事前申し込みをすると当日の受付がスムーズです。

PAGE TOP