2013 FOOMA シンポジウム

テーマ 日本発農産物の海外展開 −美味技術に求められるもの−
日 時 2013年6月13日(木) 10:50 〜15:50
場 所 東京ビックサイト
主 催 美味技術学会
共 催 一般社団法人 日本食品機械工業会
協 賛 農業機械学会・日本食品工学会
※本シンポジウムは、FOOMA JAPAN 2013 の併催行事です。
プログラム (pdf)
10:50〜11:00 開催挨拶
美味技術学会長、一般社団法人 日本食品機械工業会
11:00〜11:45 「日本産農産物の世界市場への挑戦」
下渡 敏治(日本大学生物資源科学部 食品ビジネス学科 教授)
11:45〜12:30 「どのような農産物・農産加工品が輸出できるのか
 〜海外市場ニーズへのアプローチ」

吉田 誠(三菱商事株式会社 グローバル渉外部 渉外企画チーム シニアアドバイザー)
12:30〜13:30 休憩
13:30〜14:15 「美味しい日本産米の海外販売戦略」
向井 敏彦(一般社団法人 日本精米工業会 技術部 理事・統括部長)
14:15〜15:00 「海外輸出の表と裏」
玉木 修(農業生産法人 株式会社 新潟玉木農園 代表取締役社長)
15:00〜15:45 「産業としての農業経営を目指して」
新福 秀秋(農業生産法人 有限会社 新福青果 取締役)
15:45〜15:50 閉会挨拶
美味技術学会シンポジウム担当幹事
※受講料: 無料(資料集購入の場合は、1,000円必要)
※参加申込み:当日参加申込み可、FOOMA JAPAN 2013サイトから事前登録すると当日受付がスムーズです。   >>>事前登録

PAGE TOP