2014 FOOMA シンポジウム

テーマ 美味しさと高機能性の両立、これからの新食品加工技術
日 時 2014年6月12日(木) 10:50 〜15:50
場 所 東京ビッグサイト
主 催 美味技術学会
共 催 一般社団法人 日本食品機械工業会
協 賛 農業食料工学会・一般社団法人 日本食品工学会
※本シンポジウムは、FOOMA JAPAN 2014 の併催行事です。
※受講料:無料(資料集購入の場合は、1,000円必要)
※参加申込み:当日参加申込み可、FOOMA JAPAN 2014サイトから事前登録すると当日受付がスムーズです。   >>>事前登録はこちらから 終了しました
プログラム (pdf)
10:50〜11:00 開催挨拶
美味技術学会長、一般社団法人 日本食品機械工業会
11:00〜11:45 「食品のテクスチャー・味・香りの相互関係」
西成勝好(大阪市立大学名誉教授、日本食品科学工学会会長、湖北工業大学(中国)特別招聘教授)
11:45〜12:30 「美味しさと高機能性を両立させた米の調製加工技術」
水野英則(潟Tタケ 技術本部 副本部長(執行役員))
12:30〜13:30 休憩
13:30〜14:15 「高アミロース米のダイレクトGel転換による食品加工イノベーション」
杉山純一(独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構 食品総合研究所 食品工学研究領域 計測情報工学ユニットユニット長)
14:15〜15:00 「微細藻類ユーグレナ(ミドリムシ)の食品利用の可能性について」
鈴木健吾(株式会社ユーグレナ 取締役 研究開発部 部長)
15:00〜15:45 「USS製法による分画豆乳素材(低脂肪豆乳・豆乳クリーム)その特性について」
佐本将彦(不二製油株式会社 研究開発本部 食品素材研究所 蛋白素材開発研究室 室長)
15:45〜15:50 閉会挨拶
美味技術学会副会長

PAGE TOP