2019 FOOMA シンポジウム

テーマ 美味しさと安全・安心をデザインする「ニッポン」の食品製造技術−2020東京オリ・パラを見据えて−
日 時 2019年7月11日(木) 10:50〜15:50
場 所 東京ビッグサイト 会議棟6階 605・606セミナー会場
主 催 美味技術学会
共 催 一般社団法人 日本食品機械工業会
協 賛 農業食料工学会・一般社団法人 日本食品工学会
※本シンポジウムは、FOOMA JAPAN 2019 の併催行事です。
※シンポジウムの事前登録が始まりました。
プログラム (pdf)
10:50〜11:00 開催挨拶
  美味技術学会長、一般社団法人 日本食品機械工業会
11:00〜11:45 「これからの食品安全と食品衛生」
 一色 賢司(日本食品分析センター 学術顧問,北海道大学名誉教授)
11:45〜12:30 「食のリスクと食品安全行政」
  有薗 幸司(くまもと食の安全安心県民会議 会長,熊本県立大学 教授)
12:30〜13:30 休憩
13:30〜14:15 「食品事業者視点で見るHACCP制度化とその後の食品安全確保」
  宮地 竜郎(NPO HACCP実践研究会 会長・理事長、
静岡理工科大学 理工学部 物質生命科学科 教授)
14:15〜15:00 「給食業界は今のままで良いのか?私がHACCPを導入した訳」
 野嶋 利章(潟tードサービストーワ 代表取締役)
15:00〜15:45 「美味しいお米は安全・安心か?」
 川上 晃司(潟Tタケ 技術本部 穀物加工グループ グループ長)
16:05〜16:10 閉会挨拶
  美味技術学会 シンポ・例会担当幹事

PAGE TOP