会長挨拶

 昨期に続いて2020年度−2021年度の会長を務めさせていただくことになりました。会長の続投にあたり,一言ご挨拶申し上げます。
 昨期は,坂口元会長の示された下記5項目の活動方針(美味技術学会誌,12(2),1,2013)を踏襲することを基本方針といたしました。

  1. 農林水産物・食品の美味に関して時代が求める実用化技術,伝統食に関する技術等の情報を提供する。
  2. 技術とは,生産,加工,品質評価,調理,食味評価,機能性評価,配膳,ロジスティクス等に関連するものとする。
  3. 農林水産物・食品の中で特にアピールするものは時代に応じて決める。
  4. 農林水産物・食品の提供方法(高齢者食,非常食,病院食,給食)等の情報も発信する。
  5. 情報提供は学会誌,シンポジウム,セミナー,講習会,美味体験会,研究発表等を通じて行う。

 中でも「シンポジウム」「例会」「学会誌」を,学会活動を支える重要な三本柱に位置づけましたが,今期もこの方針をそのまま引き継ぐことを考えております。昨期を振り返りながら今期の目標を改めて考えてみます。
 「シンポジウム」は,国際食品工業展FOOMA JAPANの併催プログラムとして毎年6月に開催し,多数の非会員の方にもご来場いただいております。会員増につながる絶好の機会であることから,昨期は「美味技術学会の認知度が上がる工夫」をすることを目標に掲げました。2018年度は小川先生(千葉大)に取りまとめをお願いして「美味しさを評価するための最新テクノロジー」のテーマのもと,美味しさのセンシング技術やその標準化,そしてレシピの情報サービス企業によるビッグデータの活用法について,外部より講師をお招きして講演をしていただきました。テーマ設定にあたっては,過去のシンポジウム聴講者より得られたアンケートの結果を吟味した結果であると伺っております。まさにそれが的中し,来場者数が過去最高の388名となり,さらには4名の新規入会がありました。2019年度は岩橋先生(岐阜大)に取りまとめをお願いして「美味しさと安全・安心をデザインする「ニッポン」の食品製造技術−2020東京オリ・パラを見据えて−」のテーマで,食品安全・安心への取り組みについて,行政,事業者,大学,産業界から第一人者の方をお招きして講演をしていただきました。HACCPの義務化を控えたタイムリーな企画であったこともあり,事業者を中心に関心が高く,328名もの多数の来場者と4名の新規入会者を得ました。例年,食品メーカーからの来場者が全体の半分を占めますが,それ以外の参加者も多く,認知度の向上に一定の効果があったと判断されることから,昨期の方針は今期も維持していくべきであると考えています。
  「例会」については,「公設試験研究機関や企業からの発表件数や参加者の増加への取り組み」を行うことを目標に置きました。例会前日に公設試験研究機関や企業の施設を見学し,その見学先にお願いして例会時の特別講演でお話を賜るという形が定着してきています。昨期もその方針のもと,第18回大阪例会,そして会計年度では今期になりますが,第19回岐阜例会を企画しました。またこれまで週末にかかる形で例会が開催されることが多かったのですが,公設試や企業から参加しやすいように,ウイークデイでの開催としました。参加者に占める公設試と企業からの参加者は,大阪例会と岐阜例会でそれぞれ約30%,約45%であり,年度による変動があるものの例年とほぼ同じ割合でした。発表についても大学以外からの発表が3件程度と,ほぼ例年通りの結果でした。公設試や企業への見学と特別講演の依頼は,大学以外からの参加・発表申し込みに少なからず寄与していると考えられますが,参加・発表者数の増加に対する取り組みとしては残念ながら奏功しなかったと言えます。今期はこれまでの方針を引き継ぐとともに,上記活動方針にもある「セミナー」もしくは「講習会」などの実施を検討し,例会とうまく連動させることにより大学以外からの参加や発表を増やす試みを進めたいと考えます。
 「学会誌」については,「公設試や企業の方にも情報収集の有用な手段とするような工夫」が重要であると考えてきました。もともと当学会誌は学術的な側面と実用的な側面を併せ持つユニークな雑誌でしたが,学術論文として重要なピアレビュー制と質の保証,そして実用情報の手軽な発信をうまく同居させるために,編集担当の吉冨先生と後藤元会長の尽力で,論文種別の整理と再定義,そしてそれに伴う投稿規程と原稿作成要綱の見直しを行いました。これにより,大学だけでなく,公設試や企業からも手軽に投稿できる体制が整いました。あわせて学会誌表紙と論文レイアウトの変更を行い,投稿促進するためのメッセージを学会誌と学会webサイトに掲載いたしました。今期は,この改革の実効性を見極めながら,公設試や企業からの投稿を増やす具体的な方策の検討が必要であると考えています。
 それ以外の活動では,一昨期に開始した公設試や企業への会員勧誘が会員増に一定の役割を果たしていると考えられるため,引き続き実施していきます。
 昨期の活動のほとんどは,会長のリーダーシップのもとに動いたというよりも,担当役員の自発的な取り組みによるものであることをここに告白しておきます。今期も会員の皆様のご協力をいただきながら,以上申し上げました課題について16名の役員一丸となって取り組んで参りたいと存じます。何卒一層のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

美味技術学会 会長 西津 貴久

 

PAGE TOP