会長挨拶

 この度,美味技術学会の第15回総会(平成27年11月7日,倉敷市「倉敷物語館」)において,役員の選挙結果が承認され,会長2期目を迎えることになりました。1期目の経験を生かし,会員皆様の御協力を得て,さらに活気ある学会活動をしていきたいと思います。よろしくお願い申し上げます。
 人は生きるために食べ物を食べなければなりません。食べた物で体がつくられ,肉体だけでなく,精神状態も食べ物の量と質の影響を受けます。食べるなら美味しいものを食べたいと思うのが常です。「美味」の意味は,食べて美味しいと感じる味,また,その食べ物ですが,自分が美味しいと感じる好きなものだけを食べていても,健康は維持できません。そこで,本学会が目指す「美味」は「人生を豊かにするための美味」です。
 「美味」という言葉を学会名称に用いている唯一の学会として,昨年9月に全会員に対して実施したアンケート結果(学会誌13巻第2号に掲載)をもとに,以下の5項目から成る今後の活動基本方針を決めました。
a)農林水産物・食品の美味に関する実用的かつ時代が求める技術や地方の伝統食に関する技術について情報提供する。
b)その技術は生産,加工,品質評価,調理,食味評価,機能性評価,配膳,ロジスティクス等を含んだものとする。
c)全ての農林水産物・食品を対象にするが,特にアピールするものはその時代に応じて決める。
d)農林水産物・食品そのものだけではなく,提供方法(高齢者食,非常食,病院食,給食)等による情報も発信する。
e)情報提供は,学会誌,シンポジウム,セミナー,講習会,美味体験会,研究発表等を通じて行う。
  以上の基本方針にもとづき,「美味」に関する技術の追求を前期に引きつづき,今期も進めていきます。
  昨年6月には新企画として,FOOMAでの美味技術学会シンポジウム終了後に,講演の1つ「世界初クロマグロ完全養殖と将来展望」に関連した美味体験会を東京銀座にて開催しました(本誌活動報告)。美味技術の成果を実際に体感することで,その趣旨・意義を理解し,さらにシンポジウム参加者との交流により会員増にもつながり,有効な企画でした。今後も講演内容によって可能であれば企画していきたいと考えます。
 さらに,アンケートの結果から,美味技術に関する研究成果をわかりやすく説明するような企画を会員は望んでいるため,講習会等も検討していきます。
 今期は15人の全役員が総力を挙げて,会員に対して,他の学会にない独自の活動を提供するだけでなく,当学会の「美味しさ」を多くの「食」に関係した仕事をしている方々や,関心のある方々に伝えて,会員数の増加を目指した事業を展開していきます。
 アンケート結果によると,会員は基本方針b)のような幅広い内容に関心があるため,それらに対応できる会員を獲得する必要があります。会員の皆様の積極的な御協力をよろしくお願い申し上げます。

美味技術学会会長 坂口栄一郎


 

PAGE TOP