会長挨拶

 この度,坂口前会長の後任として2018年度−2019年度の会長を務めさせていただくことになりました。会長就任にあたり,一言ご挨拶申し上げます。
 坂口前会長は,ご就任にあたり,学会活性化のためには現会員に何らかのメリットが必要だとして,アンケートにより会員が本学会に求めていることを探り,それを学会活動に反映するという方針を示されました(美味技術学会誌, 12, 2013)。そして,全会員に対するアンケート結果より,下記五項目の活動基本方針が定められました。

  1. 農林水産物・食品の美味に関して時代が求める実用化技術,伝統食に関する技術等の情報を提供する。
  2. 技術とは,生産,加工,品質評価,調理,食味評価,機能性評価,配膳,ロジスティクス等に関連するものとする。
  3. 農林水産物・食品の中で特にアピールするものは時代に応じて決める。
  4. 農林水産物・食品の提供方法(高齢者食,非常食,病院食,給食)等の情報も発信する。
  5. 情報提供は学会誌,シンポジウム,セミナー,講習会,美味体験会,研究発表等を通じて行う。

 今期もこの五項目を本学会の基本方針として踏襲し,特に情報提供の方法について工夫を加えていきたいと考えています。本学会では,これまで情報提供・発信の場として,「シンポジウム」「例会」「学会誌」の三つを継続して提供してきました。これらは,本学会の活動のすべてと言ってもよく,これからも学会活動を支える大事な三本柱を担っていくことになります。
 「シンポジウム」は,国際食品工業展FOOMA JAPANの併催プログラムとして,毎年6月に開催しています。農林水産物や食品にかかわる企業・団体,試験研究機関,大学等の関係者で非会員の方の参加者が多いのが特徴で,一定規模(200〜300名)の聴衆を毎年集めています。しかし,非会員の来聴者にとって,本シンポはFOOMAの中の一つの「出し物」であり,美味技術学会主催であるということがあまり認識されていないように思います。会員増につながる絶好の機会でもありますので,美味技術学会の認知度の上がる工夫をしたいと考えています。
  秋口に二日間に渡って開催する「例会」では,見学会,特別講演,そして会員の研究発表が行われます。学会として最重要の行事であり,現会員にとって情報収集,発信,議論の貴重な機会となっています。発表件数,参加者ともに大学関係者が多いのが現状で,公設試験研究機関や企業からの発表件数及び参加者の増加への取り組みがこれからの課題であると考えています。公設試や企業の方が求めるものは何かを把握し,それを考慮したプログラムを検討し,まずは参加者数を増やすことから始めてみてはどうかと考えています。
 「学会誌」は,論文,特別講演,論説,解説,資料,新刊紹介,会員の声,会員紹介等で構成されています。特別講演や論説の記事では,大学関係者だけでなく,公設試や企業の方にもご執筆いただいていますが,ページ数の最も多いコンテンツである論文となると圧倒的に大学関係者発が多くなります。公設試や企業からの投稿も徐々に増やしていきたいところですが,まずは公設試や企業の方にとって学会誌が情報収集の有用な手段となるような工夫,例えばテーマを決めて第一人者(学会員・非学会員問わず)に総説・解説記事を書いていただくようなことを検討していきたいと考えます。
 その他,前述の活動基本方針にもある「セミナー」「講習会」はこれまで実施したことがないだけで,情報提供手段として会員から望まれていることでもあり,実行の可能性についての検討を進めたいと考えます。また,昨期から取り組みが始まりました公設試や企業への会員勧誘についても,会員増のために有効であると考えられるため,継続していきます。
 会員の皆様のご協力をいただきながら,以上申し上げました課題について15名の役員とともに取り組んで参りたいと存じます。何卒一層のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

美味技術学会 会長 西津 貴久

 

PAGE TOP