活動概要

 言うまでもなく、“食”は生命の根源であります。2011年に発生した大震災を契機として、“食”の安全、安心、備蓄、流通経路の確保等、切実な問題が顕在化しています。それらの対策は真剣に考えなければなりません。一方、“食”は人が豊かな人生を過ごすための重要な要素であり、その根底に“美味しさ”があります。高齢社会となった現在、“食”と健康の関係は以前にも増して密接なものとなってきています。食品産業はこれらの変化に対応する必要があるのですが、環境への負荷が低く、低コストであることが不可欠であります。
 本学会は、以上のような“食”に係わる課題を具体的に取り上げ、産官学分野の専門家をはじめ、生産者や流通業者、消費者が連携、協力して論議し、“美味技術”のあるべき姿を追求するために、平成14年2月に「美味技術研究会」として設立されました。毎年、例会、会誌の発行や時宜を得たシンポジウムを実施し、着実に進化を続けております。設立10周年を迎えた平成24年1月に「美味技術学会」に改称し、今後のさらなる発展を目指しております。