研究助成

美味技術学会は、農産物・食品の美味しさ技術に関する研究に関し、会員の皆様へ研究助成金を支給しています。 研究助成の公募は毎年9月頃に行われ、応募書類により審査を行います。現在までの助成課題は53題にのぼります。

2018年度 研究助成課題
・丹波大納言小豆の乾燥特性の研究 丹波農業改良普及センター・秋山 隆
・簡易キットを用いた味覚・嗅覚に関する実態把握研究 名古屋女子大学・片山直美
・長粒種の籾摺り精米工程間における、米選の効果と食味への影響調査 潟^イワ精機・田中敏晴
・加熱・加工条件の違いが加工用トマトの食味・物性に及ぼす影響 熊本県立大学・松添直隆
・鶏肉の凍結・解凍シミュレーションと最適解凍方法の検討 東京農業大学・村松良樹
・クリの低温貯蔵による栗きんとんの物性変化に関する研究 岐阜大学・勝野那嘉子

農産物・食品の美味しさ技術に関する「2018研究助成課題」の公募(再募集)

平成29年11月16日
美味技術学会会員各位
農産物・食品の美味しさ技術に関する「2018研究助成課題」の公募(再募集)
                                       ※終了しました
   今年も終盤になって参りましたが、皆様におかれましてはますますご活躍のことと存じます。

   さて、美味技術学会では、毎年、研究成果が期待される研究に対して研究助成金を授与しております。
 先般、平成30年度における研究助成の募集を行い(10月10日期限)、委員会で審査しましたところ、1件が採択されました。学会といたしましては、毎年3〜5件の採択が適当と考えており、今回、件数不足のため追加募集を行うことといたしました。
 
   来年度の研究助成を希望される方は、下記「2018年度研究助成公募(再募集)」にしたがって応募して下さい。
 なお、応募期限を12月8日(金)必着としております。

2018年度 研究助成公募(再募集)
  研究助成申請書(word)
美味技術学会長 西津貴久



これまでの助成課題