研究助成

美味技術学会は、農産物・食品の美味しさ技術に関する研究に関し、会員の皆様へ研究助成金を支給しています。 研究助成の公募は毎年9月頃に行われ、応募書類により審査を行います。現在までの助成課題は53題にのぼります。

2017年度 研究助成公募について 終了しました
  研究助成申請書(word)

  
2017年度 研究助成課題
・既往研究論文の再考察に関する調査研究 AE研・山下律也
・味噌の品質評価およびその近赤外分光法の利用可能性の探索 秋田県立大学・陳 介余
・にがりを利用した魚肉のうま味成分の保持 東京海洋大学大学院・関 洋子
・高校生におけるだしの嗜好と味覚感受性との関連 熊本県立大学・中嶋名菜
・酒成分を近赤外線分析装置で分析し,成分および官能値を簡易的に求める 潟Tタケ・ 三上隆司


これまでの助成課題